システムエンジニアのカリスマを目指して


by dff1gok0jx

<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 【バンコク時事】宇宙飛行士の若田光一さんが28日、長期滞在した国際宇宙ステーション(ISS)での生活などについて、タイのバンコク日本人学校で講演し、児童らに「自分の興味のあること、これならつらくても頑張れるということを見つけてほしい」と話した。
 講演には小学6年生約200人が参加。若田さんが写真やビデオ映像を使って宇宙での生活や無重力状態などについて説明すると、熱心に聞き入った。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕太陽と月の神秘 日食
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト

東京スカイツリー煙に包まれる 墨田区で住宅火災(産経新聞)
<中国残留孤児>曲美琴さんの「兄」、DNA鑑定で無関係(毎日新聞)
東海道新幹線、品川─小田原で上下線運転見合わせ(読売新聞)
女性死亡、無罪主張へ=押尾学被告の弁護団が会見(時事通信)
<観光ガイド>iPhoneかざすと史跡情報表示−−岐阜県と関ケ原町(毎日新聞)
[PR]
by dff1gok0jx | 2010-01-31 05:04
 昨年8月の衆院選で「1票の格差」が最大2・30倍となったのは法の下の平等を定めた憲法に反するとして、広島市の有権者の男性が、広島1区の選挙無効を求めた訴訟の判決が25日、広島高裁であった。広田聡裁判長は請求を棄却する一方、「格差が2倍を超える点は容認できない不合理」として違憲と判断した。

 昨年12月の大阪高裁判決に続く違憲判断で、政府・国会は格差解消に向けた対応を迫られそうだ。

 判決などによると、昨年の衆院選では、有権者数が全国最多の千葉4区と最少の高知3区の間で約2・30倍、広島1区と高知3区の間では約1・47倍の格差が生じた。格差が2倍を超える選挙区は300選挙区のうち45にのぼった。

 判決理由で広田裁判長は、各都道府県に最低1議席を配分し、残りを人口配分する「1人別枠方式」について「投票価値の格差拡大を助長しているのは明らか」と述べ、「2倍超の格差は憲法の理念から容認できない不合理で、国会は是正を怠っている」と厳しく指摘した。

 広島1区に関しては格差が2倍を下回ったが、判決は「小選挙区選挙は制度として一体不可分」とし、選挙全体が違法と認めた。

 原告となった男性は「1人に1票を保障する選挙権の平等に反している」と主張。被告の広島県選挙管理委員会側は「国会の裁量権の範囲を逸脱しない」と反論していた。

 公選法は国政選挙の効力をめぐる訴訟の1審を高裁と規定。昨年の衆院選の「1票の格差」をめぐっては、東京の弁護士らが中心とするグループが原告となり、7高裁と1高裁支部に提訴していた。

 1票の格差をめぐっては、最大2・17倍となった17年の衆院選では、最高裁が「合憲」の判断を示している。

サルにかまれ女児ケガ 茨城・鹿嶋で襲撃相次ぐ(産経新聞)
シカ全頭を安楽死へ 大阪・池田市(産経新聞)
新報道2001 舛添氏「小沢氏は議員辞職すべき」(産経新聞)
山崎拓氏「公認なければ離党」 引退報道は否定(産経新聞)
那覇発日航機、エンジントラブルで引き返す(読売新聞)
[PR]
by dff1gok0jx | 2010-01-29 18:44
 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で逮捕した同党衆院議員の石川知裕容疑者(36)に対し、東京地検特捜部が、石川議員の資金管理団体「勝山会」(北海道帯広市)の会計処理問題についても事情聴取していることが分かった。石川議員の弁護士が27日明らかにした。逮捕容疑以外の取り調べが明らかになるのは初めて。

 勝山会を巡っては、石川議員の私設秘書だった札幌市の不動産会社社長が、08年9月ごろから約1年間、札幌市の事務所や車(約400万円相当)を無償提供していたと証言した。しかし、勝山会の08年の政治資金収支報告書には同9〜12月、家賃と車のリース料計44万円をこの会社に支払ったと記載されている。こうした問題や勝山会のパーティー券収入などについて聴取しているとみられる。

 石川議員は12月、「車のリースも賃貸も契約書を作成している。虚偽記載はしていない」と話していた。

【関連ニュース】
<陸山会土地購入>本当のことを言うしかない」逮捕前夜、父に
<陸山会土地購入>石川議員、手帳にホテル名 水谷側とずれ
<陸山会土地購入>石川議員ら3人拘置延長 共謀立証に詰めの捜査
<陸山会土地購入>小沢氏、低姿勢鮮明 捜査協力、参院選にらみ
<陸山会土地購入>小沢氏説明なお疑問 原資、供述食い違い

<はなかっぱくん>NHK教育のテレビアニメに 3月放映(毎日新聞)
鳥取連続不審死 殺人容疑で女の逮捕状請求へ(産経新聞)
不正入手の映画提供、ネットカフェ強制捜査(読売新聞)
<教員>質向上策見直しで文科省が意見聴取へ(毎日新聞)
資産追及、首相しどろもどろ…参院予算委(読売新聞)
[PR]
by dff1gok0jx | 2010-01-28 16:39
 社民党の第12回党大会が23日午前、党本部で始まり、昨年12月の党首選で無投票当選した福島瑞穂党首の4選を正式に決めた。福島氏はあいさつで、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「覚悟を持って皆さんとともに取り組む」と述べ、現行案通りの決着が図られた場合、連立政権を離脱する可能性があることを改めて示唆した。

 また、福島氏は、小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体を巡る事件を念頭に「捜査を見守ることも必要だが、政治家として国民に真摯(しんし)に説明することも必要だ」と指摘し、小沢氏に説明責任を果たすよう促した。

 連立政権発足後初となった党大会には、鳩山由紀夫首相と国民新党の亀井静香代表が来賓として出席した。今夏の参院選で議席を倍増することなどを目指す参院選闘争方針などを決め、24日に閉会する。【白戸圭一】

【関連ニュース】
DV:「防止法拡充を」被害者が福島担当相に要望
社民党:生き残りに危機感 福島氏に不満も
社民・福島氏:基本政策閣僚委の頻繁開催を要望
社民党:新成人に福島党首が支持を呼びかけ
社民・福島党首:普天間移設で米議員と会談

鮒市 1日限りの市に掛け声響く 佐賀・鹿島(毎日新聞)
小沢氏、続投を表明=「職責を全う」(時事通信)
<梁山泊>脱税容疑で3人逮捕 大阪地検(毎日新聞)
押尾被告、有名芸能人で初の裁判員裁判に(産経新聞)
<雑記帳>早くも節分にちなんだ「鬼ダイバー」 山口(毎日新聞)
[PR]
by dff1gok0jx | 2010-01-26 22:42