システムエンジニアのカリスマを目指して


by dff1gok0jx
 菅首相は15日午前、首相官邸で沖縄県の仲井真弘多知事と就任後初めて会談した。

 同県の米軍普天間飛行場移設問題について、首相は、5月末の日米共同声明に基づき、同県名護市辺野古への移設を進めていく方針を伝えた。

 知事は「共同声明は遺憾だ。実現は極めて難しい」と述べ、辺野古への移設受け入れは困難との見方を示した。

 会談は、知事の上京に合わせて首相側が要請し、約30分間行われた。知事によると、会談で知事は「県民は、民主党政権が掲げた県外、国外(移設)に希望を込めていた。日米共同声明でまた辺野古へとの方向が出て、期待が失望に変わった」と述べた。首相は「日米共同声明は踏襲する」とした上で、「沖縄の負担軽減については誠心誠意取り組みたい」と理解を求めた。首相は23日に就任後初めて沖縄を訪問する意向も伝えた。

 首相は先に応接室に入って知事を待ち、会談後は、同席した仙谷官房長官らと共に官邸のエントランスホールまで知事を見送る配慮を見せた。

夢の企画再び! 「ランデヴー 日本料理名店との饗宴」(Business Media 誠)
荒井戦略相「辞任に値する」=事務所費問題報道で自民・石破氏(時事通信)
<雑記帳>流しそうめん「全長2500メートル」成功…岐阜(毎日新聞)
覚せい剤密造 イラン人ら風邪薬から 「調達役」も関与か(毎日新聞)
豆腐会社社長を逮捕=汚水を垂れ流し―千葉県警(時事通信)
[PR]
# by dff1gok0jx | 2010-06-18 11:05
 「小鳩体制」崩壊に民主党では悲喜こもごも。首相の辞意表明には逆風を実感してきた「参院改選組」は、ひと安心の様子だった。渡部恒三・元衆院副議長(78)は「一緒に辞めてもらうのに苦労したが、(小沢氏も)観念した。言うところなし」と笑顔。田中真紀子衆院議員(66)は「(鳩山氏は)理想を抱えて失墜した。理想を掲げるためのツールを持ち合わせていなかった。人脈もない、人の動かし方もご存じなかった」とバッサリ。一方で小沢氏には「さっき電話が来た。『(代表に)ぜひなって下さいね』と申し上げた。笑ってましたね」。

 小沢幹事長辞任に小沢ガールズは落胆気味。青木愛副幹事長(44)はポロポロと涙を流した。「小沢氏が辞任して悲しいのか」との報道陣の問いかけには一切無言。下を向いたまま、国会内の食堂に駆け込んだ。太田和美衆院議員(30)は「改革の方向は間違ってなかった。国民が目を向けてくれなかった」と涙声。三宅雪子衆院議員(45)も「今年から独り立ちを心がけていた。(辞任は)とても残念」と語った。

 【関連記事】
小沢氏、超ゴキゲン!68歳の誕生日
三宅氏、代議士会で事情説明と陳謝

<米映画>「ザ・コーヴ」都内上映館ゼロに イルカ漁批判(毎日新聞)
自称NPO法人「あけぼのの会」代表自身も生活保護で転居 制度悪用か(産経新聞)
1人が支払い NHK受信料、強制執行申し立てで(産経新聞)
小樽の商店街を馬が暴走、接触事故で女性けが(読売新聞)
<トルコ>「エルトゥールル号」沈没で追悼式典 和歌山(毎日新聞)
[PR]
# by dff1gok0jx | 2010-06-07 22:27
 27日午前8時半ごろ、千葉県成田市大菅の県道で、近くの「月かげ保育園」の送迎用ワゴン車が乗用車に衝突され横転した。乗っていた3〜6歳の男児5人と女児3人、男性運転手(65)、同乗の女性保育士(45)の計10人が病院に運ばれたが、全員軽傷という。

 県警成田署によると、送迎用ワゴン車は保育園に向かう途中だった。丁字路を右折した際、後方から来た専門学校生の男性(19)運転の乗用車がワゴン車の右側面に衝突したという。現場は片側1車線で、乗用車はワゴン車のすぐ後ろを走っており、追い越そうとして衝突したとみられる。【中川聡子】

【関連ニュース】
<関連記事>京都市バスが電柱に衝突 乗客ら8人がけが
<関連記事>3中学生けが:衝突のはずみではねられ
<関連記事>観光バスなど3台衝突 乗客ら12人けが
<関連記事>衝突で学生死亡 9日前に免許取得
<関連記事>雨で車7台が多重衝突事故−−瀬戸中央道下り線

岡本ホテル関係先を一斉捜索=預託金200億超集金か―出資法違反容疑で警視庁(時事通信)
口蹄疫ワクチン接種 農水相発言、遅れの一因 「補償額」に地元不信感(産経新聞)
ゴタゴタ自民 推薦で県連と対立 参院選宮城(産経新聞)
地域の介護従事者の地位向上、待遇改善を―ワーカーズコープ連合会(医療介護CBニュース)
日本は韓国を支持、米と連携で対応…哨戒艦事件(読売新聞)
[PR]
# by dff1gok0jx | 2010-05-28 22:42
# by dff1gok0jx | 2010-05-20 15:37
 大阪府藤井寺市で昨年11月、当時生後3カ月の長男を激しく揺さぶるなどして虐待し、頭に重傷を負わせたとして、傷害罪に問われた箕村裕介被告(22)の判決公判が6日、大阪地裁堺支部で開かれた。向井敬二裁判官は「何の抵抗もできない長男に暴行した卑劣な犯行だが、反省している」などとして懲役3年、保護観察付き執行猶予4年(求刑懲役5年)を言い渡した。

 判決理由で、向井裁判官は「泣きやまないことにいらだち犯行に及んでおり、短絡的で身勝手。わずか生後3カ月の何の抵抗もできない長男に暴行を加えたのは卑劣で悪質」と指弾。一方、「反省し、妻とともに今後養育していくと述べている」などとして、執行猶予を選択した。

【関連記事】
虐待の厳罰化訴え、神戸と川崎で主婦ら署名集め
検証委や進行管理表で態勢強化 児童虐待防止の県の取り組み
相次ぐ児童虐待 「酒飲んでるので…」責任感欠く対応
虐待の“気づき”の現場、学校 課題は連携強化
児童虐待の最前線 苦悩する現場、「立入調査権」運用の難しさ
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

口蹄疫で農家・自治体支援の徹底を要請 官房長官、関係閣僚に(産経新聞)
子ども手当居住要件「見直していく」…刷新相(読売新聞)
全国学力テスト 抽出方式「反対」9割(産経新聞)
<JAL>空も地上も男性スタッフだけ 「こいのぼり」フライト(毎日新聞)
エコポイント 手続き代行サービスに苦情も(産経新聞)
[PR]
# by dff1gok0jx | 2010-05-13 03:31